大麦若葉青汁ランキング

スポンサードリンク

大麦若葉青汁ランキング

えがおの青汁

えがおの青汁

すっきりと飲みやすく、苦味や青臭さを全く感じさせない青汁が『えがおの青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」のほか、沖縄県与那国島の「長命草(ボタンボウフウ)」や発酵黒生姜などを使用しています。料金は\3,150(1箱だけのお届け)です。

乳酸菌が入った青汁

乳酸菌が入った青汁

グルコサミンで有名な世田谷自然食品が作った抹茶風味の口当たりの良い青汁が『乳酸菌が入った青汁』です。主原料の島根県産「大麦若葉」、北海道産「クマザサ」、植物性乳酸菌に抹茶粉末が配合されています。料金は\3,600(1箱だけのお届け)です。

ふるさと青汁

ふるさと青汁

若干の苦味があるものの、すっきりおいしく飲める青汁が『ふるさと青汁』です。八丈島産の「明日葉」に、甘みのある「大麦若葉」「桑の葉」が独自の比率でブレンドされています。料金は\3,990(1箱だけのお届け)です。

極の青汁

極の青汁

後味に若干の苦味があるものの、比較的すっきり飲みやすい青汁が『極の青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」と鹿児島屋久島の「明日葉」に「ケルセチンプラス」が配合されています。料金は\3,780(1箱だけのお届け)です。

養生青汁

養生青汁

養生青汁

青汁らしく濃厚で青臭さや苦味の残る青汁が『養生青汁』です。青汁が苦手な方にはあまりおすすめしません。大分県の「六条大麦若葉」を主原料としています。料金はハーフサイズで\3,570(1箱だけのお届け)です。

大麦若葉とは

大麦若葉

大麦は古来より日本人の食卓に上っていた穀物で、麦味噌や麦焼酎、水あめなどの材料としてなじみの深い食品でもありました。現代でも麦茶やビール、ウイスキーなどの原料として親しまれていて、国内では六条大麦と二条大麦が栽培されており、佐賀県と栃木県が国内での作付面積の1・2位を誇っています。しかし原料に使用されたり、食されたりしていたのは大麦の実の部分であって、米と同様に葉は食物繊維が多いため固く、食用にはされていませんでした。そして、80年代にケールを原料とした青汁ブームが起きましたが、その独特の苦味や青臭さから敬遠する人も多く、もっと飲みやすい青汁の原料として大麦の栄養成分が注目されたのです。今まで野菜として食べられることのなかったものですが、ミネラル類やビタミン類などがバランスよく豊富に含まれており、食物繊維の量も約45mg/100gとレタスやキャベツの10倍近く含まれています。日本人が不足しがちな鉄分は約24.8mg/100gと小松菜の10倍、カルシウムは40mg/100gと牛乳の3倍以上含まれており、クロロフィルや大麦若葉特有の成分として抗酸化酵素のSODとイソビテキシンが含まれているのです。大麦若葉とは、大麦が穂をつける前で20〜30cmほどに成長した若葉なのですが、いくら栄養成分が豊富とはいえ、そのまま煮炊きして食べるには適していません。そのため、他の野菜類のように品種改良をされておらず、昔ながらの栄養価を維持しているといえます。トータル的な栄養価はケールよりは落ちますが、味もケールのような独特の苦味や青臭さといったものがなく、まるで抹茶のような風味だと感じる人が多いようです。そのため、子供から大人まで飲みやすい青汁として親しまれており、栄養素を壊すことなく摂取することができるのです。

大麦若葉青汁ランキング|青汁ランキング記事一覧

大麦若葉 効果|青汁ランキング

麦飯や麦味噌、水あめ、麦焼酎など、古来より日本人に食されなじみ深い大麦は、日本人の体にあった食物といえます。ただ、食用にされていたのは実の部分だけで、葉の部分というのは固いため食べられることはありませんでした。しかし、近年の青汁ブームによって、その葉の部分が見直され、栄養価は高いが独特の苦味や青臭さ...

≫続きを読む

大麦若葉 副作用|青汁ランキング

薬は病気を治療したり、症状を軽くしたりするために使うもので、目的のための働きを「主作用」と呼び、薬を使ったことで眠くなったり、湿疹が出たり、気分が悪くなったりといった目的とは別に発生する好ましくない働きを「副作用」といいます。主作用・副作用ともに「医薬品」に対して使われる言葉で、食品などには使いませ...

≫続きを読む

大麦若葉 ワーファリン|青汁ランキング

大麦は、古来より実の部分が食用として親しまれてきましたが、葉茎は繊維質で固く、長年食用としてはみられていませんでした。しかし、大麦は栄養価が高く、栄養性分がバランスよく配合されていることから、近年の青汁ブームと最新技術によって、まだ穂を出す前の若葉を微粉砕して食用にすることができるようになりました。...

≫続きを読む

大麦若葉 アレルギー|青汁ランキング

飲みやすい青汁の原料として人気の大麦若葉ですが、麦と聞くと、アレルギーを心配する人がいるのではないでしょうか。大麦・小麦アレルギーとは、小児に多い食物アレルギーで、大麦・小麦製品を食べたり、食べた後に運動したりすることでアナフィラキシーを起こすものです。場合によっては、死に至ることもあり、アレルギー...

≫続きを読む

大麦若葉 ニュージーランド|青汁ランキング

青汁の原料としての大麦若葉は、国産であることを大きく掲げたものが多いですし、国産原料だから安心・安全と思っている人も多いでしょう。確かに海外で栽培されたものは、日本とは基準が違うため危険な農薬を使っているのではないかなどと心配するものもあります。しかし、海外でも日本以上に安全基準が厳しい農業大国も多...

≫続きを読む

大麦若葉 ケール|青汁ランキング

元祖青汁の原料として有名なケールと、最近の青汁製品の約半数を占める大麦若葉ですが、どのような違いがあるのでしょうか。まず、ケールはアブラナ科の野菜で緑葉甘藍と呼ばれるキャベツの仲間です。キャベツのように結球するのではなく、葉を広げて生育していくもので、1年を通じて栽培・収穫できる通年野菜でもあります...

≫続きを読む

大麦若葉 アトピー|青汁ランキング

肌にかゆみのある湿疹ができたり、肌が乾燥したりする病気のアトピー性皮膚炎ですが、アレルギーを起こしやすい体質の人が多いようです。はっきりとした原因はわかっていないのですが、アレルギー反応によって発症したり、発症してしまった肌に刺激を与えることで悪化したり、日常生活を送れなくなってしまう状態になってし...

≫続きを読む

大麦若葉 アルツハイマー|青汁ランキング

なんだか最近物忘れがひどくなった、なんだか以前と性格が変わってしまった、などちょっとした変化から家族が気づくことが多いのが認知症です。本人が気付くことなく進行するもので、大人になってから知能の低下が生じる病気であり、現在では様々な症例が見つかっており、そのうちの一つがアルツハイマー型認知症です。自己...

≫続きを読む

大麦若葉 エキス|青汁ランキング

大麦の穂をつける前の若葉にはビタミン・ミネラルなどの栄養成分が豊富でバランスよく含まれているため、青汁の原料として人気ですが、製品の原料を見ると「大麦若葉エキス」などと表記しているものもあります。大麦若葉と大麦若葉エキスとは何が違うのでしょうか。大麦若葉が原料と聞けば、収穫した葉を洗浄し、粉状にした...

≫続きを読む

大麦若葉 カフェイン|青汁ランキング

青汁のクチコミなどでよく目にするのが「副作用」という言葉です。副作用とは本来医薬品にのみ使われる言葉で、薬を使用したときに本来の目的とは違う好ましくない症状がでる作用のことです。青汁は健康食品であり、医薬品ではないので副作用という言葉を使うのは正しくありませんが、好ましくない症状がでるという意味で使...

≫続きを読む

大麦若葉 青汁|青汁ランキング

80年代の青汁ブームの時に「まずい!もういっぱい!」というコマーシャルができるほど、健康にいいけど味はまずいというのが青汁でした。青汁というのは、本来は緑の野菜の搾り汁のことで、一種類ではないのですが、コマーシャルなどから、青汁とはケールという野菜の搾り汁として知られることとなりました。青汁ブームの...

≫続きを読む

大麦若葉 便秘|青汁ランキング

便秘の原因には、様々なものがあります。人の体にはそれぞれのリズムがあって、そのリズムごとに排便があり、トイレの滞在時間が短くスッキリと排出できれば便秘ではないといえます。逆に毎日出ているのに、どうもお腹がスッキリしない、痛みがあるなどの症状がある場合、宿便が溜まっている便秘である場合があります。食事...

≫続きを読む

大麦若葉 葉酸|青汁ランキング

よく妊娠中に「葉酸」を摂るとよいと聞きますが、この葉酸とはなんなのでしょうか。葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種で、赤血球の生産に関わる働きをしており、造血ビタミンとも呼ばれています。また、遺伝物質DNAやRNAを構成する核酸の合成に不可欠な栄養素のため、妊娠中や授乳中の女性は意識的に葉酸を摂ること...

≫続きを読む

大麦若葉 育て方|青汁ランキング

青汁の原料の大麦若葉は、阿蘇地方の有機栽培と銘うっているものが多いのですが、どのように作られているのでしょうか。阿蘇の麓にある広大な草原地帯には各青汁生産会社と契約している農家も多くあり、それぞれがこだわりの有機栽培を行っています。秋頃に種を蒔き、苗の状態で冬を越し、春に成長するのですが、青汁の原料...

≫続きを読む

大麦若葉 飲み方|青汁ランキング

青汁は緑の野菜のジュースのことで、繊維質で固い大麦も若葉であればジューサーやミキサーなどでジュースにして飲むことができます。しかし、大麦若葉にタップリと含まれる栄養素は、固い細胞壁に守られていて、自宅でジュースにしたのでは栄養素を100%摂取することができません。そのため、青汁製作会社はさまざまな特...

≫続きを読む

大麦若葉 栄養素|青汁ランキング

元祖青汁の原料として知られるケールは栄養豊富な野菜として知られていますが、独特の青臭さと苦味が苦手という人も多く、原料として新たに注目されたのが大麦若葉です。ケールに劣らないほど栄養豊富な野菜で、食物繊維がタップリの植物ですが、葉茎は固いため食用とされてこなかったのですが、微粉砕製法や搾汁製法によっ...

≫続きを読む

大麦若葉 高血圧|青汁ランキング

よく青汁は健康にいいといいますが、具体的にどんなものなのでしょうか。日本人の1日の野菜摂取推奨量は350gと言われていますが、意識的に野菜を食べている人でも推奨量を摂取できていないのが原状です。食の欧米化により野菜を摂らなくなったということもありますが、実は肉類を多く摂る欧米人に比べても野菜が摂れて...

≫続きを読む

大麦若葉 国産|青汁ランキング

日本では昔から食卓に並び、今は若葉が青汁の原料として人気の大麦ですが、その原産地は中央アジアと言われ、世界中で古くから食されていた作物です。低温で乾燥した気候での栽培が適している植物で、世界の生産量ではロシア、カナダ、ドイツ、フランスなどでの栽培が盛んです。国内では、二条大麦と六条大麦、はだか麦が栽...

≫続きを読む

大麦若葉 畑|青汁ランキング

日本では古い時代から大麦が栽培され、食卓には麦をつかったものが並んでいました。昔のように麦ご飯は少なくなりましたが、今でも麦茶やビール、焼酎といった飲み物に使われたり、麦味噌や水あめの原料として使われたりしています。主食用大麦はほぼ100%国内で生産されており、二条麦が佐賀県、栃木県、福岡県、六条大...

≫続きを読む

大麦若葉 有効成分|青汁ランキング

大麦若葉には様々な栄養素が含まれており、その成分は健康を保つ上で非常に有効な役割を果たしています。人はビタミン不足になると、元気が出ない、だるい、イライラする、めまいがする、肌が荒れるなど、体に不調が現れます。それを放っておくとビタミン欠乏症となり、脚気や壊血病、くる病、貧血、慢性疲労、糖尿病、口内...

≫続きを読む

大麦若葉 うさぎ|青汁ランキング

犬やネコのように大きな鳴き声をあげず、室内で飼えるペットとしても人気のうさぎですが、家族の一員として迎えた以上はきちんと最後まで世話をしなければいけません。うさぎは草食動物なので、主な食事はラビットフードと牧草になります。ペットショップなどでは、それ以外にもサプリメントやおやつなども売っていますし、...

≫続きを読む

九州産大麦若葉|青汁ランキング

大麦は日本全国で栽培されている作物で、大麦の栽培に必要な環境は、乾燥した土と冷たい空気と言われていて、国内では主に冬に栽培されています。特に青汁の原料となる大麦若葉は、九州の阿蘇地方や国東半島で栽培されているものが多く、契約農家による有機栽培されているものもあります。九州地方では、火山灰土壌が広く分...

≫続きを読む

大麦若葉 カリウム|青汁ランキング

人間の生命活動に必要なミネラルの一つにカリウムがあります。カリウムはナトリウムと同じ体液の浸透圧の調整を担っていて、血圧の上昇を防いだり、エネルギー代謝などに関与したりする働きをしています。つまり、体内の水分調節に重要な栄養素なのです。カリウムが不足すると、低カリウム血症という病気になり、だるさや筋...

≫続きを読む

大麦若葉 スムージー|青汁ランキング

青汁は体にいいから健康のために飲み続けたい、でもあの味が苦手でどうしても続けられないという人も少なくはないでしょう。大麦若葉の青汁は、独特の苦味や青臭さを持つケールや明日葉などに比べ、クセがなく飲みやすいと言われていますが、それでもやはり苦手という人がいます。そんな人におすすめなのがスムージーです。...

≫続きを読む

大麦若葉 ニキビ|青汁ランキング

昔、ニキビは青春のシンボルと呼ばれたものですが、ニキビは大人になってからでもできるもので、悩まされている人も多いでしょう。ニキビは毛穴が詰まり細菌感染などによって起こる炎症で、皮脂が多い部分にできやすいのが特徴の皮膚の病気です。治療をせずに、悪化させれば治ってからも痕が残ってしまったり、雑菌に感染し...

≫続きを読む

大麦若葉 ルテイン|青汁ランキング

ルティンとは、緑黄色野菜などに含まれるカロテノイドという色素の一種で、目に効く健康補助食品としても知られていいます。ルティンは、紫外線や青色光といった活性酵素を発生させる光から、目を守る役割をしてくれています。そのため、白内障、緑内障、加齢黄斑変性症といった病気のリスク軽減をはじめ、老眼や視力悪化、...

≫続きを読む

大麦若葉 産地|青汁ランキング

大麦は、約1万年前から栽培が始まったといわれている穀物です。比較的栽培が簡単で世界のいたるところで作られていますが、乾燥した土と冷たい空気があるところで栽培しやすいため、日本では冬が麦の栽培に向いた季節といえます。寒さを必要としない春蒔きと寒さを感じさせないと発芽しない秋蒔きの品種があるのですが、日...

≫続きを読む

大麦若葉 栄養価|青汁ランキング

健康のために青汁を飲んでいるという人は多いですが、青汁がどのように健康に繋がっていくのでしょうか。毎日忙しく働いている人たちは、食生活が偏りがちで、睡眠が不規則になりがちです。健康を保つには、正しい食生活と規則正しい生活が必要なのですが、改善しようにも難しいのが実際のところです。そこで、できるだけ改...

≫続きを読む

大麦若葉 価格|青汁ランキング

大麦若葉を原材料とした青汁はたくさんありますが、その価格は様々で、同じ大麦若葉を使っているのに、1箱30包入りが数百円のものから数千円のものまであります。どうしてこのように価格に差が付くのでしょうか。まず、原材料の違いが一番の理由といえます。同じ大麦若葉でも、国内産なのか外国産なのか、大量生産された...

≫続きを読む

大麦若葉 肝臓|青汁ランキング

甘いものや脂っこいもの、アルコールなどを摂りすぎることで脂肪肝という病気になることがあります。これは、糖質や脂質などを摂取しすぎると起こる病気で、肝臓に中性脂肪がたまり、脂肪肝となってしまうと、肝硬変や動脈硬化などの病気を引き起こす原因にもなるのです。脂肪肝は、30〜70代に多く、やはり外食やアルコ...

≫続きを読む

大麦若葉 種|青汁ランキング

イネ科の植物である大麦ですが、国内で栽培されているものは二条大麦、六条大麦、はだか麦の3種類になります。穂の形が違うのですが、二条大麦は大粒の実、六条大麦は小粒の実、外皮がはがれて実がはだかになるのがはだか麦です。穀物の種は、一般的にあまり需要がないため農家など向けの予約販売が多かったのですが、最近...

≫続きを読む

大麦若葉 小麦アレルギー|青汁ランキング

独特の苦味や青臭さがないため、おいしいと人気の高い大麦若葉の青汁ですが、大麦と聞くとアレルギーは大丈夫なのか心配になる人もいるのではないでしょうか。食物アレルギーは、アレルギーを起こす食物を食べた時に発疹や咳、呼吸困難、嘔吐、下痢などの症状を引き起こし、アナフィラキシーショックを起こせば意識障害や最...

≫続きを読む

大麦若葉 粉末|青汁ランキング

大麦は昔から食べられている穀物で、日本人の食卓にも馴染みの深い食物です。しかし、食用とされるのは実の部分だけで、その葉茎は固すぎて食用にはされてきませんでした。少し前の青汁といえばケールを原料としたものが主流でしたが、栄養豊富なケールには独特の苦味と青臭さがあり、どんなに体にいいと言われても飲めない...

≫続きを読む

大麦若葉 味|青汁ランキング

青汁と聞くと、一世風靡した「まずい!もういっぱい!」という八名信夫さんのCMのイメージが先行してしまい、美味しくないと思う人が多いでしょう。実際、一昔前の青汁は独特の味を持つケールをそのままジューサーやミキサーでジュースにしたものが多く、苦くて青臭いという印象が強いものでした。そのため、罰ゲームに飲...

≫続きを読む

大麦若葉 ゼリー|青汁ランキング

大麦若葉の青汁を続けたいと思っていても、小さな子供が飲んでくれない、忙しくて水や牛乳などに溶く暇もないといって、続けられないでいる人も多いでしょう。特に、朝から晩まで外回りで忙しいという人にとって、腰を落ち着けて粉末を溶かして飲むのは難しいことかもしれません。そんな人にぴったりなのが、ゼリー状になっ...

≫続きを読む

大麦若葉 血圧|青汁ランキング

日本人の国民病とも言われるのが高血圧です。日本には味噌や醤油といった日本独特の調味料があり、それらには塩分が多く含まれているため、外国に比べて塩分摂取量が高くなってしまうのですが、高血圧になる原因はそれだけではありません。遺伝子が関連していたり、加齢やストレス、肥満、過労、病気が原因で高血圧になった...

≫続きを読む

大麦若葉 血糖値|青汁ランキング

人間の血液の中にはブドウ糖が含まれており、その濃度はインスリンによって一定に保たれています。ところがインスリンが不足したり、働きが悪くなったりすると、血液中のブドウ糖が増え高血糖になり、糖尿病や膵炎、肝炎、肝硬変、クッシング症候群などの病気を引き起こすことがあります。血糖値を下げるためには、適度な運...

≫続きを読む

大麦若葉 食物繊維|青汁ランキング

厚生労働省では、健康のために成人は1日350g以上の野菜を食べるように推奨しています。その中でも、食物繊維の目標摂取量は男性で19g以上、女性が17g以上といわれています。しかし、実際には全年齢において野菜の摂取量も食物繊維の摂取量も下回っており、10〜40代においては、目標摂取量まで6g以上もたり...

≫続きを読む

大麦若葉 鉄分|青汁ランキング

人間の体で鉄分が不足すると、貧血になり、体に異変が生じます。特に女性にとっては、ダイエットのしすぎや、月経などで貧血になりやすいということもあって、鉄分不足は深刻な体の不調の原因となるのです。鉄分が不足すると、不妊や生理不順、月経困難症の原因となったり、免疫が落ちて病気になりやすくなったり、体内の粘...

≫続きを読む

大麦若葉 レシピ|青汁ランキング

栄養豊富な大麦若葉を食べようと思っても、食材には向いておらず、そのままを料理に使うことはできません。粉末状などの青汁になっていると、ドリンクとして飲む人が多いでしょう。ドリンクにするにしても、水だけではなく、牛乳や豆乳に割ったり、ミルクーキに入れたり、果汁100%ジュースで割ったり、様々なレシピがあ...

≫続きを読む

大麦若葉 明日葉|青汁ランキング

青汁の原料として有名なのはケールですが、最近では栄養豊富で味にクセのない大麦若葉や、日本でも昔からよく食されていた明日葉などの青汁も最近では人気を集めています。大麦若葉には、ケールに負けないほど豊富な栄養素と一般的な野菜の何倍もの食物繊維が含まれている上、活性酸素を抑制させる抗酸化酵素を持っています...

≫続きを読む

大麦若葉 ビタミンK|青汁ランキング

人間にとって必要な栄養素の中で骨を丈夫するものにビタミンKというのがあります。腸内で合成されるのですが、生まれたばかりの赤ちゃんはうまく合成できないため、ビタミンK欠乏症という病気にかかることがあり、病院などではビタミンKシロップを飲ませて予防するなどの措置がとられています。赤ちゃんがお腹にいる妊婦...

≫続きを読む

大麦若葉 栄養|青汁ランキング

健康のために青汁を続けているという人は多いのですが、なぜ青汁が健康にいいのでしょうか。青汁というのは緑の野菜のジュースのことですが、一般的にはケールや大麦若葉、明日葉といった特定の植物のジュースとして認識されています。キャベツやほうれん草などのジュースに比べて、確実に食べなれていない植物ばかりですし...

≫続きを読む

大麦若葉 原料|青汁ランキング

少し前までは青汁といえば「まずい!もう一杯!」のコマーシャルで有名になったケールを原料とするものがほとんどでした。本来、青汁と言うのは緑の野菜の搾り汁のことで、ケールに限定されたわけではないのですが、ケールの栄養価が一般的な緑黄色野菜に比べてもずばぬけて豊富なため、コマーシャルの相乗効果もあって青汁...

≫続きを読む

おいしくて飲みやすい青汁比較ランキング

えがおの青汁 えがおの青汁 すっきりと飲みやすく、苦味や青臭さを全く感じさせない青汁が『えがおの青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」のほか、沖縄県与那国島の「長命草(ボタンボウフウ)」や発酵黒生姜などを使用しています。料金は\3,150(1箱だけのお届け)です。
神仙桑抹茶ゴールド 神仙桑抹茶ゴールド お茶のようなすっきりとした飲み口で苦味のないの青汁が『神仙桑抹茶ゴールド』です。自社管理農場で農薬を一切使用せずに栽培された「桑の葉」「緑茶」「シモン」を主原料としています。料金は\5,985(1箱だけのお届け)です。
乳酸菌が入った青汁 乳酸菌が入った青汁 グルコサミンで有名な世田谷自然食品が作った抹茶風味の口当たりの良い青汁が『乳酸菌が入った青汁』です。主原料の島根県産「大麦若葉」、北海道産「クマザサ」、植物性乳酸菌に抹茶粉末が配合されています。料金は\3,600(1箱だけのお届け)です。
レモンの青汁 レモンの青汁 レモン果汁が配合され、スッキリ爽やかに飲むことのできる青汁が『レモンの青汁』です。大分県の契約農家で栽培された「ケール」を主原料としており、そこにレモンのビタミンCがプラスされ栄養満点です。料金は\6,426(1箱だけのお届け)です。
豆乳青汁 豆乳青汁 青汁と相性の良い豆乳があからじめ配合されており、甘みとコクを活かした、クリーミーで飲みやすい青汁が『豆乳青汁』です。大分県の「六条大麦若葉」に加え、北海道産大豆「とよまさり」が使用されています。料金は\6,615(1箱だけのお届け)です。
ふるさと青汁 ふるさと青汁 若干の苦味があるものの、すっきりおいしく飲める青汁が『ふるさと青汁』です。八丈島産の「明日葉」に、甘みのある「大麦若葉」「桑の葉」が独自の比率でブレンドされています。料金は\3,990(1箱だけのお届け)です。
極の青汁 極の青汁 後味に若干の苦味があるものの、比較的すっきり飲みやすい青汁が『極の青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」と鹿児島屋久島の「明日葉」に「ケルセチンプラス」が配合されています。料金は\3,780(1箱だけのお届け)です。
元気な青汁 元気な青汁 青汁独特の香りや味があり、人によって若干飲みにくさを感じる青汁が『元気な青汁』です。愛媛県産の化学肥料や化学合成農薬を一切使わない有機栽培で育てられた「ケール」を100%使用しています。料金は\2,625(1箱だけのお届け)です。
青汁三昧 青汁三昧 すっきりとした飲み口ながらも、青汁独特の青臭さを感じる青汁が『青汁三昧』です。野菜の王様「ケール」と沖縄の長寿の秘訣ともいわれるゴーヤーを主原料としています。料金は\6,000(1箱だけのお届け)です。
極太毎日抹茶青汁 極太毎日抹茶青汁 粉末が水に溶けにくく若干苦味を感じてしまう青汁が『極太毎日抹茶青汁』です。食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの栄養素たっぷりの北海道「クマイザサ」に抹茶が配合されています。料金は\3,000(1箱だけのお届け)です。
養生青汁 養生青汁

養生青汁

青汁らしく濃厚で青臭さや苦味の残る青汁が『養生青汁』です。青汁が苦手な方にはあまりおすすめしません。大分県の「六条大麦若葉」を主原料としています。料金はハーフサイズで\3,570(1箱だけのお届け)です。
はちみつ青汁 はちみつ青汁

はちみつ青汁

ほんのり甘く、なめらかな口当たりの青汁が『はちみつ青汁』です。自社管理の国産「ケール」に加えて山田養蜂場の「熟成はちみつ」を使用しています。料金は\3,800(1箱だけのお届け)です。
本搾り青汁 本搾り青汁

本搾り青汁

青汁独特の青臭さを強く感じる青汁が『本搾り青汁』です。特に後味に青臭さが残ります。愛媛県・鹿児島県・長野県の契約農家で栽培した新鮮な「ケール」を主原料としています。料金は\780(お試しセット)です。
長命草 長命草

長命草(パウダー)

長命草の香りが強く、若干の飲みにくさを感じる青汁が『長命草(パウダー)』です。日本最西端の島、沖縄県与那国島の過酷な環境に育つ「長命草(ボタンボウフウ)」を主原料としています。料金は\945(トライアルセット)です。