ケール 野菜

スポンサードリンク

野菜の王様ケール

ケール 野菜

ケールと言うと、青汁の原料と思い浮かべる人が多いのですが、原産地であるヨーロッパでは一般的に食べられている野菜の仲間です。ブロッコリーやキャベツの原種のため、ロールキャベツにしたり、スープに入れたり、キャベツと同じようなレシピで食べられていることが多いのですが、その独特な苦味と青臭さから日本では野菜として定着することはありませんでした。しかし、最近は品種改良によって大分日本人の口に違和感のないものも増えており、青汁だけでなく野菜として食べる人も増えたようです。一般的な野菜と比べて栄養価が高いのですが、野菜として取り扱う店舗も少なく、保存が利かないため、家庭菜園で育てている人もいます。ケールが野菜の王様と言われる所以は、その栄養価の高さにあります。一般的な野菜であるキャベツと比べた場合、含まれている栄養素の種類はあまり変わりませんが、含有量は2〜50倍を誇り、キャベツのほうが多く含まれている栄養素はありません。なかでも、βカロテンなどはおよそ58倍、ビタミンEは24倍、ビタミンKは3.5倍、ビタミンCは4倍、葉酸は1.5倍など、意識的に摂ったほうがよいとされる栄養素がタップリつまっています。また、ミネラル分も豊富でバランスよく含まれているため、栄養が偏りなく摂取できる優秀な野菜といえるのです。野菜の1日の野菜摂取目安量は350gといわれていますが、それぞれの栄養素によっても推奨される摂取目安量があります。例えば、ビタミンEは、男性が7〜9mg、女性が7〜8mgと言われており、キャベツなら45g食べないといけないのですが、ケールならわずか4g弱で摂取できてしまいます。青汁にすると、コップ1〜2杯で山盛りの野菜と同じだけの栄養素が摂れるケールは、王様と呼ばれるのに相応しい野菜なのです。

おいしくて飲みやすい青汁比較ランキング

えがおの青汁 えがおの青汁 すっきりと飲みやすく、苦味や青臭さを全く感じさせない青汁が『えがおの青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」のほか、沖縄県与那国島の「長命草(ボタンボウフウ)」や発酵黒生姜などを使用しています。料金は\3,150(1箱だけのお届け)です。
神仙桑抹茶ゴールド 神仙桑抹茶ゴールド お茶のようなすっきりとした飲み口で苦味のないの青汁が『神仙桑抹茶ゴールド』です。自社管理農場で農薬を一切使用せずに栽培された「桑の葉」「緑茶」「シモン」を主原料としています。料金は\5,985(1箱だけのお届け)です。
乳酸菌が入った青汁 乳酸菌が入った青汁 グルコサミンで有名な世田谷自然食品が作った抹茶風味の口当たりの良い青汁が『乳酸菌が入った青汁』です。主原料の島根県産「大麦若葉」、北海道産「クマザサ」、植物性乳酸菌に抹茶粉末が配合されています。料金は\3,600(1箱だけのお届け)です。
レモンの青汁 レモンの青汁 レモン果汁が配合され、スッキリ爽やかに飲むことのできる青汁が『レモンの青汁』です。大分県の契約農家で栽培された「ケール」を主原料としており、そこにレモンのビタミンCがプラスされ栄養満点です。料金は\6,426(1箱だけのお届け)です。
豆乳青汁 豆乳青汁 青汁と相性の良い豆乳があからじめ配合されており、甘みとコクを活かした、クリーミーで飲みやすい青汁が『豆乳青汁』です。大分県の「六条大麦若葉」に加え、北海道産大豆「とよまさり」が使用されています。料金は\6,615(1箱だけのお届け)です。
ふるさと青汁 ふるさと青汁 若干の苦味があるものの、すっきりおいしく飲める青汁が『ふるさと青汁』です。八丈島産の「明日葉」に、甘みのある「大麦若葉」「桑の葉」が独自の比率でブレンドされています。料金は\3,990(1箱だけのお届け)です。
極の青汁 極の青汁 後味に若干の苦味があるものの、比較的すっきり飲みやすい青汁が『極の青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」と鹿児島屋久島の「明日葉」に「ケルセチンプラス」が配合されています。料金は\3,780(1箱だけのお届け)です。
元気な青汁 元気な青汁 青汁独特の香りや味があり、人によって若干飲みにくさを感じる青汁が『元気な青汁』です。愛媛県産の化学肥料や化学合成農薬を一切使わない有機栽培で育てられた「ケール」を100%使用しています。料金は\2,625(1箱だけのお届け)です。
青汁三昧 青汁三昧 すっきりとした飲み口ながらも、青汁独特の青臭さを感じる青汁が『青汁三昧』です。野菜の王様「ケール」と沖縄の長寿の秘訣ともいわれるゴーヤーを主原料としています。料金は\6,000(1箱だけのお届け)です。
極太毎日抹茶青汁 極太毎日抹茶青汁 粉末が水に溶けにくく若干苦味を感じてしまう青汁が『極太毎日抹茶青汁』です。食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの栄養素たっぷりの北海道「クマイザサ」に抹茶が配合されています。料金は\3,000(1箱だけのお届け)です。
養生青汁 養生青汁

養生青汁

青汁らしく濃厚で青臭さや苦味の残る青汁が『養生青汁』です。青汁が苦手な方にはあまりおすすめしません。大分県の「六条大麦若葉」を主原料としています。料金はハーフサイズで\3,570(1箱だけのお届け)です。
はちみつ青汁 はちみつ青汁

はちみつ青汁

ほんのり甘く、なめらかな口当たりの青汁が『はちみつ青汁』です。自社管理の国産「ケール」に加えて山田養蜂場の「熟成はちみつ」を使用しています。料金は\3,800(1箱だけのお届け)です。
本搾り青汁 本搾り青汁

本搾り青汁

青汁独特の青臭さを強く感じる青汁が『本搾り青汁』です。特に後味に青臭さが残ります。愛媛県・鹿児島県・長野県の契約農家で栽培した新鮮な「ケール」を主原料としています。料金は\780(お試しセット)です。
長命草 長命草

長命草(パウダー)

長命草の香りが強く、若干の飲みにくさを感じる青汁が『長命草(パウダー)』です。日本最西端の島、沖縄県与那国島の過酷な環境に育つ「長命草(ボタンボウフウ)」を主原料としています。料金は\945(トライアルセット)です。

ケール 野菜|青汁ランキング関連ページ

ケール 効能
実際に各社の青汁を飲み比べ、おいしくて飲みやすい青汁のランキングをご紹介しています。
ケール 栽培
実際に各社の青汁を飲み比べ、おいしくて飲みやすい青汁のランキングをご紹介しています。
ケール 大麦若葉 違い
実際に各社の青汁を飲み比べ、おいしくて飲みやすい青汁のランキングをご紹介しています。
ケール レシピ
実際に各社の青汁を飲み比べ、おいしくて飲みやすい青汁のランキングをご紹介しています。
ケール 栄養
実際に各社の青汁を飲み比べ、おいしくて飲みやすい青汁のランキングをご紹介しています。
ケール 食べ方
実際に各社の青汁を飲み比べ、おいしくて飲みやすい青汁のランキングをご紹介しています。
ケール 苗
実際に各社の青汁を飲み比べ、おいしくて飲みやすい青汁のランキングをご紹介しています。
ケール 粉末
実際に各社の青汁を飲み比べ、おいしくて飲みやすい青汁のランキングをご紹介しています。
ケール 大麦若葉
実際に各社の青汁を飲み比べ、おいしくて飲みやすい青汁のランキングをご紹介しています。