ケール青汁ランキング

スポンサードリンク

ケール青汁ランキング

レモンの青汁

レモンの青汁

レモン果汁が配合され、スッキリ爽やかに飲むことのできる青汁が『レモンの青汁』です。大分県の契約農家で栽培された「ケール」を主原料としており、そこにレモンのビタミンCがプラスされ栄養満点です。料金は\6,426(1箱だけのお届け)です。

元気な青汁

元気な青汁

青汁独特の香りや味があり、人によって若干飲みにくさを感じる青汁が『元気な青汁』です。愛媛県産の化学肥料や化学合成農薬を一切使わない有機栽培で育てられた「ケール」を100%使用しています。料金は\2,625(1箱だけのお届け)です。

青汁三昧

青汁三昧

すっきりとした飲み口ながらも、青汁独特の青臭さを感じる青汁が『青汁三昧』です。野菜の王様「ケール」と沖縄の長寿の秘訣ともいわれるゴーヤーを主原料としています。料金は\6,000(1箱だけのお届け)です。

はちみつ青汁

はちみつ青汁

はちみつ青汁

ほんのり甘く、なめらかな口当たりの青汁が『はちみつ青汁』です。自社管理の国産「ケール」に加えて山田養蜂場の「熟成はちみつ」を使用しています。料金は\3,800(1箱だけのお届け)です。

本搾り青汁

本搾り青汁

本搾り青汁

青汁独特の青臭さを強く感じる青汁が『本搾り青汁』です。特に後味に青臭さが残ります。愛媛県・鹿児島県・長野県の契約農家で栽培した新鮮な「ケール」を主原料としています。料金は\780(お試しセット)です。

ケールとは

ケール

ケールとは、南フランスが原産のアブラナ科の植物で、キャベツやブロッコリーの祖先と言われています。その独特な味から日本では食材として食べられることはあまりありませんが、ヨーロッパなどではよく食べられている一般的な野菜です。日本には江戸時代初期に伝わったとされていますが、広まることがありませんでした。しかし、遠藤仁郎医学博士が戦時中の食糧難から栄養価の高い食料をと考案したのが青汁で、のちに遠藤青汁として有名になったのが、有機栽培されたケールを無添加でジュースにしたものです。ケールには、ビタミン、ミネラルが一般的な野菜に比べ豊富に含まれています。仲間であるキャベツと比べると、食物繊維は2倍、βカロテンは56倍、ビタミンEは20倍、ビタミンKは3倍、葉酸は1.5倍、カリウムは2倍、カルシウムは5倍、マグネシウムは3倍、鉄は2倍、と軒並み高い数値を示しています。同じ分量を食べたとしても、ケールはキャベツの数倍もの栄養が摂れるという計算になります。また、発がん性物質を抑制するといわれているイソチオシアネート、睡眠リズムを整えるメラトニン、緑内障予防に効果が高いルティンなど、健康をサポートする栄養素が多くおり、生活習慣病や様々な病気の予防に効果が期待できます。野菜の栄養は、血液をサラサラにして、老廃物を排出しやすくし、腸内環境をよくする効果があるため、免疫力を高めることができます。1日350gの摂取が推奨される野菜ですが、どの年代も不足がちなのが現状です。ケールは独特の味がありますが、青汁にすればコップ1〜2杯でこの野菜不足を補うことができるため、食生活の改善や生活習慣の改善を試みようとは思っても、忙しくてどうしても外食が多くなってしまうといった人にぴったりの栄養食品といえるのです。

ケール青汁ランキング|青汁ランキング記事一覧

ケール 効能|青汁ランキング

毎日が忙しく、食事が大事だとわかっていてもなかなかバランスのよい食事が摂れない。1日350gの野菜摂取が推奨されているのは知っているが、野菜嫌いだ。そんな人は大勢いるのではないでしょうか。野菜は嫌いだけど、野菜ジュースは飲めるというのであれば、野菜不足を補うために青汁という選択肢があります。青汁の原...

≫続きを読む

ケール 栽培|青汁ランキング

ケールは南ヨーロッパ原産の植物で、キャベツの祖先にもあたる野菜です。ヨーロッパでは普通に食材として食べられているのですが、日本では青汁の原料としての認識が強いです。日本に入ってきたのは、江戸時代と言われていますが、独特の青臭さや苦味が日本人の口に合わなかったのか野菜として普及することはなかったようで...

≫続きを読む

ケール 大麦若葉 違い|青汁ランキング

青汁の原料としてよく知られるケールと大麦若葉ですが、その違いはなんでしょうか。どちらも全く違う種類の植物で、ケールはアブラナ科のキャベツの祖先、大麦若葉はイネ科の大麦の若葉です。しかし、どちらも一般的な野菜に比べ、栄養豊富でしかもバランスよく含まれているのが特徴です。栄養比較すると、大麦若葉のほうが...

≫続きを読む

ケール レシピ|青汁ランキング

ケールは、独特な青臭さと苦味から敬遠する人も多い野菜ですが、原産地であるヨーロッパでは他の野菜同様によく食べられています。江戸時代に日本に渡ってきたときには定着しなかったのですが、最近では青臭さや苦味が以前よりも抑えられた品種なども登場し、その栄養の豊富さから少しずつ食卓に上がるようになりました。料...

≫続きを読む

ケール 栄養|青汁ランキング

食の欧米化にともない、日本人の食卓が大きく変わってきたこともあり、野菜不足が大きく取り上げられるようになりました。実際に比較してみると、肉類を食べることが多い欧米人は付け合せやサラダなどで肉と同じ量の野菜類も食べているのですが、穀類が主食の日本人は肉類を多く食べても野菜はあまり食べないということが多...

≫続きを読む

ケール 食べ方|青汁ランキング

ケールは青汁の原料として有名ですが、原産地であるヨーロッパでは一般的に食べられている野菜です。日本には江戸の初期頃に入ってきたのですが、その独特な青臭さと苦味から日本の食卓には定着しなかったようです。しかし、戦時中の栄養不足を経験した遠藤博士によって開発された栄養タップリな青汁として脚光を浴び、19...

≫続きを読む

ケール 苗|青汁ランキング

青汁の原料として有名なケールですが、種から育てるにはまずポットで育てて、苗になってから畑やプランターに植え替えるという作業が必要になります。そのため、種苗販売店などでは種だけでなく、すでに苗になったものの販売も行っているのです。しかしケールは、近所の種苗を扱うお店に行っても売っていないことが多く、イ...

≫続きを読む

ケール 粉末|青汁ランキング

ケールの青汁の元祖ともいえるのが、医学博士である遠藤二朗先生が考案した青汁健康法の青汁です。有機栽培されたケールを収穫後、新鮮なままジュースにしたものですが、この製法では青汁スタンドに行かなければ飲むことができません。そこで、手軽に飲むことができるようにと粉末化されたり、顆粒にされたり、粒状にされた...

≫続きを読む

ケール 大麦若葉|青汁ランキング

栄養豊富で野菜の王様と呼ばれているケールですが、独特な青臭さと苦味から食べたり飲んだりするのは苦手という人も多いです。日本に入ってきたのは江戸時代初期といわれていますが、日本人の口には合わなかったらしく一般的な野菜とはなりませんでした。それが1990年代には「まずい!もういっぱい!」というキャッチフ...

≫続きを読む

ケール 野菜|青汁ランキング

ケールと言うと、青汁の原料と思い浮かべる人が多いのですが、原産地であるヨーロッパでは一般的に食べられている野菜の仲間です。ブロッコリーやキャベツの原種のため、ロールキャベツにしたり、スープに入れたり、キャベツと同じようなレシピで食べられていることが多いのですが、その独特な苦味と青臭さから日本では野菜...

≫続きを読む

おいしくて飲みやすい青汁比較ランキング

えがおの青汁 えがおの青汁 すっきりと飲みやすく、苦味や青臭さを全く感じさせない青汁が『えがおの青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」のほか、沖縄県与那国島の「長命草(ボタンボウフウ)」や発酵黒生姜などを使用しています。料金は\3,150(1箱だけのお届け)です。
神仙桑抹茶ゴールド 神仙桑抹茶ゴールド お茶のようなすっきりとした飲み口で苦味のないの青汁が『神仙桑抹茶ゴールド』です。自社管理農場で農薬を一切使用せずに栽培された「桑の葉」「緑茶」「シモン」を主原料としています。料金は\5,985(1箱だけのお届け)です。
乳酸菌が入った青汁 乳酸菌が入った青汁 グルコサミンで有名な世田谷自然食品が作った抹茶風味の口当たりの良い青汁が『乳酸菌が入った青汁』です。主原料の島根県産「大麦若葉」、北海道産「クマザサ」、植物性乳酸菌に抹茶粉末が配合されています。料金は\3,600(1箱だけのお届け)です。
レモンの青汁 レモンの青汁 レモン果汁が配合され、スッキリ爽やかに飲むことのできる青汁が『レモンの青汁』です。大分県の契約農家で栽培された「ケール」を主原料としており、そこにレモンのビタミンCがプラスされ栄養満点です。料金は\6,426(1箱だけのお届け)です。
豆乳青汁 豆乳青汁 青汁と相性の良い豆乳があからじめ配合されており、甘みとコクを活かした、クリーミーで飲みやすい青汁が『豆乳青汁』です。大分県の「六条大麦若葉」に加え、北海道産大豆「とよまさり」が使用されています。料金は\6,615(1箱だけのお届け)です。
ふるさと青汁 ふるさと青汁 若干の苦味があるものの、すっきりおいしく飲める青汁が『ふるさと青汁』です。八丈島産の「明日葉」に、甘みのある「大麦若葉」「桑の葉」が独自の比率でブレンドされています。料金は\3,990(1箱だけのお届け)です。
極の青汁 極の青汁 後味に若干の苦味があるものの、比較的すっきり飲みやすい青汁が『極の青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」と鹿児島屋久島の「明日葉」に「ケルセチンプラス」が配合されています。料金は\3,780(1箱だけのお届け)です。
元気な青汁 元気な青汁 青汁独特の香りや味があり、人によって若干飲みにくさを感じる青汁が『元気な青汁』です。愛媛県産の化学肥料や化学合成農薬を一切使わない有機栽培で育てられた「ケール」を100%使用しています。料金は\2,625(1箱だけのお届け)です。
青汁三昧 青汁三昧 すっきりとした飲み口ながらも、青汁独特の青臭さを感じる青汁が『青汁三昧』です。野菜の王様「ケール」と沖縄の長寿の秘訣ともいわれるゴーヤーを主原料としています。料金は\6,000(1箱だけのお届け)です。
極太毎日抹茶青汁 極太毎日抹茶青汁 粉末が水に溶けにくく若干苦味を感じてしまう青汁が『極太毎日抹茶青汁』です。食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの栄養素たっぷりの北海道「クマイザサ」に抹茶が配合されています。料金は\3,000(1箱だけのお届け)です。
養生青汁 養生青汁

養生青汁

青汁らしく濃厚で青臭さや苦味の残る青汁が『養生青汁』です。青汁が苦手な方にはあまりおすすめしません。大分県の「六条大麦若葉」を主原料としています。料金はハーフサイズで\3,570(1箱だけのお届け)です。
はちみつ青汁 はちみつ青汁

はちみつ青汁

ほんのり甘く、なめらかな口当たりの青汁が『はちみつ青汁』です。自社管理の国産「ケール」に加えて山田養蜂場の「熟成はちみつ」を使用しています。料金は\3,800(1箱だけのお届け)です。
本搾り青汁 本搾り青汁

本搾り青汁

青汁独特の青臭さを強く感じる青汁が『本搾り青汁』です。特に後味に青臭さが残ります。愛媛県・鹿児島県・長野県の契約農家で栽培した新鮮な「ケール」を主原料としています。料金は\780(お試しセット)です。
長命草 長命草

長命草(パウダー)

長命草の香りが強く、若干の飲みにくさを感じる青汁が『長命草(パウダー)』です。日本最西端の島、沖縄県与那国島の過酷な環境に育つ「長命草(ボタンボウフウ)」を主原料としています。料金は\945(トライアルセット)です。