レモンの青汁

スポンサードリンク

『レモンの青汁』について

レモンの青汁

レモンを配合することで、スッキリ爽やかな飲み口となっている青汁がグリーンハウスの『レモンの青汁』です。レモンは青汁を飲みやすくするだけでなく、ビタミンCを豊富に含んでおり、『レモンの青汁』2袋で成人の1日分の栄養所要量(100r)を摂取することができます。『レモンの青汁』は大分県産のケールを主原料としており、契約農家で無農薬・無化学肥料で栽培されているため、安心・安全に青汁を飲むことができます。

 

>>『レモンの青汁』公式サイト

『レモンの青汁』が届きました!

レモンの青汁

グリーンハウスの公式サイトから『レモンの青汁』を注文してから4日後、ヤマト便にて商品が到着しました。日付指定はしていません。

 

これまで購入してきた青汁は全てダンボール箱にて商品が届いたのですが、『レモンの青汁』はヤマト便の紙袋でした。経費削減のためにダンボール箱を使用していないのかどうか分かりませんが、やはりダンボール箱にしっかり梱包されて商品が届く方が嬉しいですね。

袋の中身はこんな感じです!

レモンの青汁

袋の中には緩衝材が巻かれた商品や特典のシェーカー、パンフレット類が入っています。

 

ちなみに、『レモンの青汁』は1ヶ月分だけのお届けと定期コース(毎月お届け・2ヶ月毎にお届け・3ヶ月毎にお届け)がありますが、いずれにしても送料は無料です。

袋の中身を取り出してみました!

レモンの青汁

パンフレット類がコンパクトにまとめられているところがいいですね。中にはグリーンハウス社長・江藤真理子さんの手書き(をコピーした)感謝状が入っており、グリーンハウスの商品に対する想いが伝わってきました。

 

また、「検品確認書」なるものが入っており、商品を梱包・確認したスタッフの検印が押してありました。一つ一つが手作業であることを感じ、親近感を覚えました。

シェーカー

レモンの青汁

特典のシェーカーです。シンプルなシェーカーですが、やはり専用のシェーカーがあると気分が高まっていいですね。

 

メモリもしっかり付いているので、計量カップで水の分量を量る必要もありません。

支払い

レモンの青汁

支払いは通販での購入手続きの際にクレジットカード決済をしたので、振込みやコンビニなどでの払込は必要ありません。

 

ちなみに料金は下記の通りです。(1ヶ月あたり)

 

【レモンの青汁(3g×60包)】
・「1箱注文(\6,426)」
・「2箱注文(\6,069)」
・「3箱注文(\5,712)」

『レモンの青汁』は1箱3g×60包

レモンの青汁

『レモンの青汁』を箱から全て取り出してみました。パッケージがビタミン剤っぽく、青汁らしくないところがいいですね。

 

全部で60包あるので、1日2本で1ヶ月分ということになります。

箱の側面

レモンの青汁

『レモンの青汁』の箱の側面には、原材料名や栄養成分の記載があります。

 

『レモンの青汁』の原材料はケール、デキストリン、還元パラチノース、レモン果汁、ビタミンC、香料、甘味料です。

 

栄養成分は3gあたり、エネルギー10.05kcal、脂質0.04g、ナトリウム14.5mg、ビタミンC50mg、たんぱく質0.26g、炭水化物2.285g、ショ糖0gです。

『レモンの青汁』の粉末

レモンの青汁

『レモンの青汁』は水などに溶かして飲む粉末タイプの青汁です。

 

青汁らしからぬパッケージでしたが、粉末は濃い緑色でいかにも青汁という感じです。

 

どんな味がするのか楽しみです!

実際に『レモンの青汁』を飲んでみました!

レモンの青汁

水の量など特に指定がありませんでしたので、100ml程の水に粉末を溶かして『レモンの青汁』を飲んでみました。

 

味はほとんどレモンの味で、青汁独特の香りや苦味はほとんどありません!

 

個人的にレモン味が好きなので、スッキリおいしく飲むことができました。ただ、レモンの味や酸味が苦手な方は飲みにくく感じるかもしれません。

『レモンの青汁』の採点

レモンの青汁

 

【味】
1.まずい 2.ちょっとまずい 3.普通 4.ちょっとおいしい 5.おいしい
【苦味】
1.苦い 2.ちょっと苦い 3.普通 4.苦くない 5.全然苦くない
【粉っぽさ】
1.粉っぽい 2.ちょっと粉っぽい 3.普通 4.粉っぽくない 5.全然粉っぽくない
【コストパフォーマンス】
1.すごく割高 2.割高 3.普通 4.割安 5.すごく割安
【特典】※時期により異なります。
1.特典なし 3.特典1つ 5.特典2つ以上

 

>>『レモンの青汁』公式サイト

おいしくて飲みやすい青汁比較ランキング

えがおの青汁 えがおの青汁 すっきりと飲みやすく、苦味や青臭さを全く感じさせない青汁が『えがおの青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」のほか、沖縄県与那国島の「長命草(ボタンボウフウ)」や発酵黒生姜などを使用しています。料金は\3,150(1箱だけのお届け)です。
神仙桑抹茶ゴールド 神仙桑抹茶ゴールド お茶のようなすっきりとした飲み口で苦味のないの青汁が『神仙桑抹茶ゴールド』です。自社管理農場で農薬を一切使用せずに栽培された「桑の葉」「緑茶」「シモン」を主原料としています。料金は\5,985(1箱だけのお届け)です。
乳酸菌が入った青汁 乳酸菌が入った青汁 グルコサミンで有名な世田谷自然食品が作った抹茶風味の口当たりの良い青汁が『乳酸菌が入った青汁』です。主原料の島根県産「大麦若葉」、北海道産「クマザサ」、植物性乳酸菌に抹茶粉末が配合されています。料金は\3,600(1箱だけのお届け)です。
レモンの青汁 レモンの青汁 レモン果汁が配合され、スッキリ爽やかに飲むことのできる青汁が『レモンの青汁』です。大分県の契約農家で栽培された「ケール」を主原料としており、そこにレモンのビタミンCがプラスされ栄養満点です。料金は\6,426(1箱だけのお届け)です。
豆乳青汁 豆乳青汁 青汁と相性の良い豆乳があからじめ配合されており、甘みとコクを活かした、クリーミーで飲みやすい青汁が『豆乳青汁』です。大分県の「六条大麦若葉」に加え、北海道産大豆「とよまさり」が使用されています。料金は\6,615(1箱だけのお届け)です。
ふるさと青汁 ふるさと青汁 若干の苦味があるものの、すっきりおいしく飲める青汁が『ふるさと青汁』です。八丈島産の「明日葉」に、甘みのある「大麦若葉」「桑の葉」が独自の比率でブレンドされています。料金は\3,990(1箱だけのお届け)です。
極の青汁 極の青汁 後味に若干の苦味があるものの、比較的すっきり飲みやすい青汁が『極の青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」と鹿児島屋久島の「明日葉」に「ケルセチンプラス」が配合されています。料金は\3,780(1箱だけのお届け)です。
元気な青汁 元気な青汁 青汁独特の香りや味があり、人によって若干飲みにくさを感じる青汁が『元気な青汁』です。愛媛県産の化学肥料や化学合成農薬を一切使わない有機栽培で育てられた「ケール」を100%使用しています。料金は\2,625(1箱だけのお届け)です。
青汁三昧 青汁三昧 すっきりとした飲み口ながらも、青汁独特の青臭さを感じる青汁が『青汁三昧』です。野菜の王様「ケール」と沖縄の長寿の秘訣ともいわれるゴーヤーを主原料としています。料金は\6,000(1箱だけのお届け)です。
極太毎日抹茶青汁 極太毎日抹茶青汁 粉末が水に溶けにくく若干苦味を感じてしまう青汁が『極太毎日抹茶青汁』です。食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの栄養素たっぷりの北海道「クマイザサ」に抹茶が配合されています。料金は\3,000(1箱だけのお届け)です。
養生青汁 養生青汁

養生青汁

青汁らしく濃厚で青臭さや苦味の残る青汁が『養生青汁』です。青汁が苦手な方にはあまりおすすめしません。大分県の「六条大麦若葉」を主原料としています。料金はハーフサイズで\3,570(1箱だけのお届け)です。
はちみつ青汁 はちみつ青汁

はちみつ青汁

ほんのり甘く、なめらかな口当たりの青汁が『はちみつ青汁』です。自社管理の国産「ケール」に加えて山田養蜂場の「熟成はちみつ」を使用しています。料金は\3,800(1箱だけのお届け)です。
本搾り青汁 本搾り青汁

本搾り青汁

青汁独特の青臭さを強く感じる青汁が『本搾り青汁』です。特に後味に青臭さが残ります。愛媛県・鹿児島県・長野県の契約農家で栽培した新鮮な「ケール」を主原料としています。料金は\780(お試しセット)です。
長命草 長命草

長命草(パウダー)

長命草の香りが強く、若干の飲みにくさを感じる青汁が『長命草(パウダー)』です。日本最西端の島、沖縄県与那国島の過酷な環境に育つ「長命草(ボタンボウフウ)」を主原料としています。料金は\945(トライアルセット)です。