えがおの青汁

スポンサードリンク

『えがおの青汁』について

えがおの青汁

『えがおの青汁』は青汁を毎日美味しく飲み続けらるよう美味しさに徹底的なこだわりを持っており、とても飲みやすいと人気の高い青汁です。阿蘇の大麦若葉を主成分としています。他にも沖縄県与那国島に住む高齢者の元気の秘訣である「長命草(ボタンボウフウ)」や辛味や匂いを抑えながらも有用成分の高い「発酵黒生姜」を使用しており、『えがおの青汁』1杯でたくさんの成分を吸収することができます。

 

>>『えがおの青汁』公式サイト

『えがおの青汁』が届きました!

えがおの青汁

株式会社えがおの公式サイトから『えがおの青汁』を注文して6日後、ダンボール箱にて商品が到着しました!ちなみに日付指定をできる最短の日付が6日後でした。

 

『えがおの青汁』は1箱だけお届け、毎月お届け(定期)、3ヶ月に1度3箱お届けの3コースありますが、私は1箱だけお届けで購入しました。どのコースを選んでも送料は無料です!

箱の中身はこんな感じです!

えがおの青汁

『えがおの青汁』以外にも何か色々入っており、何やらくまもんが顔を覗かせています(笑)

 

商品以外にも冊子やパンフレットなども入っているため箱が少し大きめだったんですね。

 

ちなみに株式会社えがおは青汁の他にも黒酢・ローヤルゼリー・ブルーベリーなどの健康食品も販売しているようです。

箱の中身を取り出してみました!

えがおの青汁

あまり余計な広告などがごちゃごちゃと入っていないところに好感が持てます。これくらいだと冊子やパンフレットにも目を通してみようかなという気持ちになります。

 

感謝状も非常に丁寧に作られており、中には社長のメッセージや折鶴が入っていました。感謝の気持ちを伝えようという製造者側の想いを強く感じることができました。

くまもんのふりふりシェーカー

えがおの青汁

「くまもんのふりふりシェーカー」です。シェーカーはもしかしたら洗い物が増えて面倒なので使わないかもしれませんが、やっぱりあるとちょっと嬉しいです。

 

特に熊本県が所在地である株式会社えがおらしく、くまもんのシェーカーというところがいいですね。ご当地キャラクターはこういうときに役立ちますね。

支払い

えがおの青汁

支払いは通販での購入手続きの際にクレジットカード決済をしたので、振込みやコンビニなどでの払込は必要ありません。

 

ちなみに料金は下記の通りです。(1ヶ月あたり)

 

【えがおの青汁(3g×31包)】
・「今回だけのお届け(\3,150)」
・「毎月お届け(\2,709)」
・「3ヶ月に1度3箱お届け(\2,583)」

『えがおの青汁』は1箱3g×31包

えがおの青汁

『えがおの青汁』を箱から全て取り出して並べてみました。1箱3g×31包あります。31包だと1包はなんかおまけみたいで嬉しいです。

 

毎日欠かさず1杯ずつ飲んでも1ヶ月掛かりますので、毎日サボらず飲み続けたいと思います。

箱の側面

えがおの青汁

箱の側面には飲み方や使用上の注意、成分などが記載されています。『えがおの青汁』の主成分は熊本県阿蘇の大麦若葉です。

 

なぜ野口英世さんの写真が載っているのかとよくよく見てみると、米国財団法人野口医学研究所の品質推奨品らしいです。いまいちピンときませんが何か権威のありそうな機関ですね。

『えがおの青汁』の粉末

えがおの青汁

『えがおの青汁』は水などに溶かして飲む粉末タイプの青汁です。この中に阿蘇の大麦若葉を・沖縄県の長命草(ボタンボウフウ)・発酵黒生姜の成分が凝縮されているんですね。

 

粉末タイプの青汁は水に溶けにくい商品も多くありますが、『えがおの青汁』は非常に粒が細かく水によく溶けそうに見えます。

実際に『えがおの青汁』を飲んでみました!

えがおの青汁

【お召し上がり方】に100mlの水に混ぜて飲むとありましたので、100mlの水に混ぜて飲んでみました。

 

飲むときに若干青汁の香りがしましたが、飲んでみるとほとんど苦味はなく、すっきりとおいしく飲むことができました!

 

青汁の苦味が苦手な方にはとても飲みやすい青汁ですし、逆に苦味がほしい方にとっては少し物足りない青汁かもしれません。

『えがおの青汁』の採点

えがおの青汁

 

【味】
1.まずい 2.ちょっとまずい 3.普通 4.ちょっとおいしい 5.おいしい
【苦味】
1.苦い 2.ちょっと苦い 3.普通 4.苦くない 5.全然苦くない
【粉っぽさ】
1.粉っぽい 2.ちょっと粉っぽい 3.普通 4.粉っぽくない 5.全然粉っぽくない
【コストパフォーマンス】
1.すごく割高 2.割高 3.普通 4.割安 5.すごく割安
【特典】※時期により異なります。
1.特典なし 3.特典1つ 5.特典2つ以上

 

>>『えがおの青汁』公式サイト

『えがおの青汁』を飲んでみました!青汁比較ランキング記事一覧

『えがおの青汁』の口コミ情報!青汁比較ランキング

【30代女性】封を切った瞬間に抹茶が香るのがうれしいです。水にも溶けやすいし、粉っぽさもないので飲みやすく、ほんのりとした甘味で、驚くほどおいしいです。規定の分量で溶くと薄いため、濃い目にして牛乳に混ぜたところ、あまりのおいしさに子供たちに全部飲まれてしまいました。【50代男性】あっさりしていて飲み...

≫続きを読む

おいしくて飲みやすい青汁比較ランキング

えがおの青汁 えがおの青汁 すっきりと飲みやすく、苦味や青臭さを全く感じさせない青汁が『えがおの青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」のほか、沖縄県与那国島の「長命草(ボタンボウフウ)」や発酵黒生姜などを使用しています。料金は\3,150(1箱だけのお届け)です。
神仙桑抹茶ゴールド 神仙桑抹茶ゴールド お茶のようなすっきりとした飲み口で苦味のないの青汁が『神仙桑抹茶ゴールド』です。自社管理農場で農薬を一切使用せずに栽培された「桑の葉」「緑茶」「シモン」を主原料としています。料金は\5,985(1箱だけのお届け)です。
乳酸菌が入った青汁 乳酸菌が入った青汁 グルコサミンで有名な世田谷自然食品が作った抹茶風味の口当たりの良い青汁が『乳酸菌が入った青汁』です。主原料の島根県産「大麦若葉」、北海道産「クマザサ」、植物性乳酸菌に抹茶粉末が配合されています。料金は\3,600(1箱だけのお届け)です。
レモンの青汁 レモンの青汁 レモン果汁が配合され、スッキリ爽やかに飲むことのできる青汁が『レモンの青汁』です。大分県の契約農家で栽培された「ケール」を主原料としており、そこにレモンのビタミンCがプラスされ栄養満点です。料金は\6,426(1箱だけのお届け)です。
豆乳青汁 豆乳青汁 青汁と相性の良い豆乳があからじめ配合されており、甘みとコクを活かした、クリーミーで飲みやすい青汁が『豆乳青汁』です。大分県の「六条大麦若葉」に加え、北海道産大豆「とよまさり」が使用されています。料金は\6,615(1箱だけのお届け)です。
ふるさと青汁 ふるさと青汁 若干の苦味があるものの、すっきりおいしく飲める青汁が『ふるさと青汁』です。八丈島産の「明日葉」に、甘みのある「大麦若葉」「桑の葉」が独自の比率でブレンドされています。料金は\3,990(1箱だけのお届け)です。
極の青汁 極の青汁 後味に若干の苦味があるものの、比較的すっきり飲みやすい青汁が『極の青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」と鹿児島屋久島の「明日葉」に「ケルセチンプラス」が配合されています。料金は\3,780(1箱だけのお届け)です。
元気な青汁 元気な青汁 青汁独特の香りや味があり、人によって若干飲みにくさを感じる青汁が『元気な青汁』です。愛媛県産の化学肥料や化学合成農薬を一切使わない有機栽培で育てられた「ケール」を100%使用しています。料金は\2,625(1箱だけのお届け)です。
青汁三昧 青汁三昧 すっきりとした飲み口ながらも、青汁独特の青臭さを感じる青汁が『青汁三昧』です。野菜の王様「ケール」と沖縄の長寿の秘訣ともいわれるゴーヤーを主原料としています。料金は\6,000(1箱だけのお届け)です。
極太毎日抹茶青汁 極太毎日抹茶青汁 粉末が水に溶けにくく若干苦味を感じてしまう青汁が『極太毎日抹茶青汁』です。食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの栄養素たっぷりの北海道「クマイザサ」に抹茶が配合されています。料金は\3,000(1箱だけのお届け)です。
養生青汁 養生青汁

養生青汁

青汁らしく濃厚で青臭さや苦味の残る青汁が『養生青汁』です。青汁が苦手な方にはあまりおすすめしません。大分県の「六条大麦若葉」を主原料としています。料金はハーフサイズで\3,570(1箱だけのお届け)です。
はちみつ青汁 はちみつ青汁

はちみつ青汁

ほんのり甘く、なめらかな口当たりの青汁が『はちみつ青汁』です。自社管理の国産「ケール」に加えて山田養蜂場の「熟成はちみつ」を使用しています。料金は\3,800(1箱だけのお届け)です。
本搾り青汁 本搾り青汁

本搾り青汁

青汁独特の青臭さを強く感じる青汁が『本搾り青汁』です。特に後味に青臭さが残ります。愛媛県・鹿児島県・長野県の契約農家で栽培した新鮮な「ケール」を主原料としています。料金は\780(お試しセット)です。
長命草 長命草

長命草(パウダー)

長命草の香りが強く、若干の飲みにくさを感じる青汁が『長命草(パウダー)』です。日本最西端の島、沖縄県与那国島の過酷な環境に育つ「長命草(ボタンボウフウ)」を主原料としています。料金は\945(トライアルセット)です。