青汁ランキング

スポンサードリンク

おいしくて飲みやすい青汁比較ランキング

えがおの青汁

えがおの青汁

すっきりと飲みやすく、苦味や青臭さを全く感じさせない青汁が『えがおの青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」のほか、沖縄県与那国島の「長命草(ボタンボウフウ)」や発酵黒生姜などを使用しています。料金は\3,150(1箱だけのお届け)です。

神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールド

お茶のようなすっきりとした飲み口で苦味のないの青汁が『神仙桑抹茶ゴールド』です。自社管理農場で農薬を一切使用せずに栽培された「桑の葉」「緑茶」「シモン」を主原料としています。料金は\5,985(1箱だけのお届け)です。

乳酸菌が入った青汁

乳酸菌が入った青汁

グルコサミンで有名な世田谷自然食品が作った抹茶風味の口当たりの良い青汁が『乳酸菌が入った青汁』です。主原料の島根県産「大麦若葉」、北海道産「クマザサ」、植物性乳酸菌に抹茶粉末が配合されています。料金は\3,600(1箱だけのお届け)です。

レモンの青汁

レモンの青汁

レモン果汁が配合され、スッキリ爽やかに飲むことのできる青汁が『レモンの青汁』です。大分県の契約農家で栽培された「ケール」を主原料としており、そこにレモンのビタミンCがプラスされ栄養満点です。料金は\6,426(1箱だけのお届け)です。

豆乳青汁

豆乳青汁

青汁と相性の良い豆乳があからじめ配合されており、甘みとコクを活かした、クリーミーで飲みやすい青汁が『豆乳青汁』です。大分県の「六条大麦若葉」に加え、北海道産大豆「とよまさり」が使用されています。料金は\6,615(1箱だけのお届け)です。

ふるさと青汁

ふるさと青汁

若干の苦味があるものの、すっきりおいしく飲める青汁が『ふるさと青汁』です。八丈島産の「明日葉」に、甘みのある「大麦若葉」「桑の葉」が独自の比率でブレンドされています。料金は\3,990(1箱だけのお届け)です。

極の青汁

極の青汁

後味に若干の苦味があるものの、比較的すっきり飲みやすい青汁が『極の青汁』です。熊本阿蘇の「大麦若葉」と鹿児島屋久島の「明日葉」に「ケルセチンプラス」が配合されています。料金は\3,780(1箱だけのお届け)です。

元気な青汁

元気な青汁

青汁独特の香りや味があり、人によって若干飲みにくさを感じる青汁が『元気な青汁』です。愛媛県産の化学肥料や化学合成農薬を一切使わない有機栽培で育てられた「ケール」を100%使用しています。料金は\2,625(1箱だけのお届け)です。

青汁三昧

青汁三昧

すっきりとした飲み口ながらも、青汁独特の青臭さを感じる青汁が『青汁三昧』です。野菜の王様「ケール」と沖縄の長寿の秘訣ともいわれるゴーヤーを主原料としています。料金は\6,000(1箱だけのお届け)です。

極太毎日抹茶青汁

極太毎日抹茶青汁

粉末が水に溶けにくく若干苦味を感じてしまう青汁が『極太毎日抹茶青汁』です。食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの栄養素たっぷりの北海道「クマイザサ」に抹茶が配合されています。料金は\3,000(1箱だけのお届け)です。

養生青汁

養生青汁

養生青汁

青汁らしく濃厚で青臭さや苦味の残る青汁が『養生青汁』です。青汁が苦手な方にはあまりおすすめしません。大分県の「六条大麦若葉」を主原料としています。料金はハーフサイズで\3,570(1箱だけのお届け)です。

はちみつ青汁

はちみつ青汁

はちみつ青汁

ほんのり甘く、なめらかな口当たりの青汁が『はちみつ青汁』です。自社管理の国産「ケール」に加えて山田養蜂場の「熟成はちみつ」を使用しています。料金は\3,800(1箱だけのお届け)です。

本搾り青汁

本搾り青汁

本搾り青汁

青汁独特の青臭さを強く感じる青汁が『本搾り青汁』です。特に後味に青臭さが残ります。愛媛県・鹿児島県・長野県の契約農家で栽培した新鮮な「ケール」を主原料としています。料金は\780(お試しセット)です。

長命草

長命草

長命草(パウダー)

長命草の香りが強く、若干の飲みにくさを感じる青汁が『長命草(パウダー)』です。日本最西端の島、沖縄県与那国島の過酷な環境に育つ「長命草(ボタンボウフウ)」を主原料としています。料金は\945(トライアルセット)です。

青汁とは

青汁ランキング

青汁とは、その名の通り生の緑葉野菜を搾った青い汁のことをいいます。野菜の栄養素は、熱によって壊れてしまうことが多く、生であることが大事なのです。そして、日本人の野菜消費量は年々下がっており、野菜不足が生活習慣病を引き起こす原因となっていると聞けば、慌てて野菜を摂ろうとする人も多いでしょう。しかし、理想とされる1日350gの野菜摂取は毎日摂るには難しく、手軽に野菜の栄養や植物繊維が摂取できる青汁が健康食品として注目されることとなったのです。健康食品としての青汁の原料となっているケールや大麦若葉、明日葉などは、緑葉野菜の中でも栄養価が高く、その植物だけが持つ独特の栄養素もあり、体によいものを手軽に摂取できる食品といえます。多くの製品が粉末状になっていて、水などで割って飲むようになっています。薬ではないため、飲み方に決まりはなく、青汁の苦味やえぐみが苦手という人は牛乳や豆乳などで割ったり、料理などに使ったり工夫をすることができます。野菜不足が問題視される日本人にとって、ビタミンやミネラル、カルシウム、カリウム、食物繊維の入った青汁を毎日飲むことで、便秘の解消や生活習慣病の予防につながるといえるのではないでしょうか。